失敗続きのダメリーマンがシンクロニシティで稼げるようになったワケ

最近は仮想通貨のブームや、メディアの煽りもあって、投資ブームが来ていますよね。

うっかり老後2000万円問題なんて過激な話題も報じてしまって、もはや資産運用は義務化されてくるのでは、なんて考えるほどです。

しかし、投資は素人が考えるほど甘いものではありません。

私も最近まで負けまくりだったので、偉そうなことを言えませんがw

ただ多少の投資歴はあるので、語らせてもらうと、投資にはそれで食っているプロが存在します。

最近だと、羊(素人)の群れが仮想通貨にワイワイと飛びつくのを、オオカミ(プロ)たちは一歩引いた位置から観察しているのではないでしょうか。

食べごろになった瞬間、狼が一斉に羊に飛びかかるような状況を、何度もチャート上で見かけています。

そんな状況ですら素人は気づいておらず、メディアに踊らされているだけなのです。

では結局、プロに勝つるのはプロだけであり、私たち素人はいつまでたっても勝てるようにならないのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。

言ってしまえば、プロの投資スキルと対等に勝負できる、強力な武器を持てばいいのです!

そして、その武器こそが本サイトで取り上げる、Synchronicity(シンクロニシティ)と呼ばれるインジケーターになります。

今は買うべき、売るべき、そんな相場の立ち回りを知らせてくれる指標(インジケーター)があれば、勝つことは難しくありません。

その指標がどういったものなのか、メリットやデメリットなども含めて、詳しく解説しておりますので、是非参考にしていただければと思います。

Synchronicity(シンクロニシティ)HP

Contents

インジケーターでなぜ稼げるのか?Synchronicity(シンクロニシティ)の特徴と概要まとめ

何のためにFXをしているのか?

それは勝つため、そして稼ぐために他なりません。

ただ、より勝てるようになるために様々な手法を試すけど、イマイチ成果が出ない…という人が大半なのではないでしょうか。

そんな人にこそ勧めたいのが、Synchronicity(シンクロニシティ)のインジケーターというワケです。

私も、このSynchronicity(シンクロニシティ)を使うようになってから、勝率は8〜9割をキープできています。

具体的にどういったものになるのか、特徴を紹介していきたいと思います。

FXの分析手法について

最初に少しだけ、FXの分析手法について説明しようと思います。

FXの分析は大きく分けて「ファンダメンタル分析」「テクニカル分析」に分類されます。

ここら辺の基礎知識も、Synchronicity(シンクロニシティ)の特徴を掴むために必要ですので、少しだけお付き合いください。

ファンダメンタル分析は、世界情勢や経済指標といった、主にニュースやメディアからの情報を頼りに投資する手法です。

例えばA国でオリンピックの開催が決まったとなれば、その国は経済が潤いそう、ということはその国の通貨の価値も上がるかも、という道理で通貨の価値も変動していくのです。

こんな感じで良いニュースが出れば、その国の通貨は買われますし、反対に悪いニュースが出れば、売られることになります。

一方テクニカル分析は、主にチャートから読み取れる情報を頼りに投資する手法です。

株式投資やFXは、モニターを何枚にも並べて、様々な線やグラフを表示しつつ、ひたすらチャートとにらめっこしているイメージがないでしょうか?

まさにそれが、テクニカル分析の典型例ですね(笑)

ここで紹介するSynchronicity(シンクロニシティ)を用いたトレードも、テクニカル分析に分類されますが、とくに難しいことはありません。

少し練習は必要ですが、初心者からでもコツを掴めば利益を出せるようになるはずです。

FXにおけるインジケーターとは?

続いてはインジケーターについて説明しましょう。

ご存知の方もいるかもしれませんが、チャート上に表示されるローソク足とは別に、売買の指標として使われるものです。

インジケーターは様々な種類があり、Synchronicity(シンクロニシティ)もそのうちの1つというわけですね。

ここで、1つ例をお見せしましょう。

画像の文言

さすがにSynchronicity(シンクロニシティ)そのものをお見せするわけにはいかないので、他のメジャーなインジケーターを持ってきました!

画像の上に表示されているのがローソク足、下に表示されている波のようなものが「MACD」と呼ばれるインジケーターです。

使い方としては、波が高くなればチャートは下落方向に進む、波がへこめばチャートは上昇方向に進む。

こんな具合に、チャートが次にどちらの方向へ動くのかを予測するためのものです。

ここまでの説明で、インジケーターとは、大体どのようなものなのかお分かりいただけたでしょうか。

具体的な運用成績はどれくらいなのか?

私の場合、今のところ月利20%前後の運用成績をキープできています。

運用資金は大体200万円ほどなので、月によっては、会社の給料を超えてきますね。

これだけの運用成績が出せれば、凄いと思われがちですが、私が凄いのではなく、完全にこのインジケータのおかげです。

勿論、今までの投資経験があったからというわけではなく、インジケーターのシグナルに従うだけでいいので、経験が浅い人でもこれくらいはイケるのではないでしょうか。

また、時間をかければ、もっと稼げるようになると思っています。

元々、相場の監視を強要するような運用手法ではありませんが、時間があればもっと多くの通貨に注目できるわけです。

そういった目的から、近い将来は、専業トレーダーの転身も考えています。

早く自由な人生を手に入れたいものですね!

Synchronicity(シンクロニシティ)の運営事務局について

念のため、Synchronicity(シンクロニシティ)の運営元の情報も掲載しておこうと思います。

この手の新しい情報やサービスは、慎重になって然るべき。

だからこそ、運営元をしっかりと確認しておきたいと思う人も多いはずです。

ですが、安心してください。

運営元の情報はしっかりと公開してありました。

確認した運営事務局の情報は、以下の通りです。

シンクロニシティ運営事務局

ADDRESS:〒151-0072 Shibuya West Building 1st floor, 3-39-12 Hatagaya, Shibuya-ku, Tokyo

PHONE:03-6907-2147

RECEPTION:WEEKDAY 12:00~19:00

REPRESENTATIVE:NAOKI IHARA

MAIL:synchronicityai.info@gmail.com

英語表記なのは海外も視野に入れているのでしょうね。連絡先や住所も公開してあるのは好感持てますね。

レアケースだとは思いますが、何かトラブルがあったときにでも、尋ね先を押さえていれば、利用者としても安心できるというものです。

Synchronicity(シンクロニシティ)HP

インジケーターを選んだ理由とは?Synchronicity(シンクロニシティ)のメリットについて

他にも数多くのインジケーターがある中、どうして私がSynchronicity(シンクロニシティ)を選んだのか。

それはやはり、Synchronicity(シンクロニシティ)ならではのメリットを感じたからです。

ここで紹介するメリットに共感された方は、ぜひ利用を検討されてはいかがでしょうか。

他の運用手法と比べて再現性が高い

インジケーターはたくさんあると言えど、チャートを予測する精度はそれぞれ異なります。

FX相場には「ダマし」と呼ばれるような、特有の値動きもあって、それに吊られてしまう精度の低いインジケーターもあったりしますので。

そこらへんは経験とセンスがなければ対応できず、自分のような万年負け組トレーダーでは、到底勝ち越すのは無理なのです。

一方で、私が目をつけたのは、Synchronicity(シンクロニシティ)の再現性です。

まず相場を捉える精度の高さがピカイチです。そして何より分かりやすい。

単純にシグナルに従うだけの運用になるので、今は行くべきなのか、引くべきなのか、そこらへんの塩梅が初心者にも分かりやすいのです!

メンタル管理が負担にならない

FXではメンタルが重要だと、多くの書籍やブログで紹介されています。

そこでメンタルの重要性を理解いただくため、1つの実験例を紹介しましょう。

FXはゼロサムゲームであり、常に勝者の裏には敗者がいるのです。

また注文形式は、買いエントリー、売りエントリーの2種類しかなく、結局のところ差額で儲けるビジネスです。

このシンプルな原理に注目して、とある実験が行われました。

それは投資家に内緒で、買いエントリー、売りエントリー、それぞれのボタンを入れ替えるというものです。

今まで負け続けていたという人は、言い換えれば、反対の注文を出していれば、勝ち続けていたということですからね。

すると、どうなったでしょうか。結局ボタンを入れ替えたところで、負け組は負け組のまま。

なぜなら勝つためのメンタル、お金の器が備わっていないからです。

メンタルができていないから、少しの利益で利確をしてしまうし、負けが大きく膨らむまで持ち越してしまう…。まさに昔の私はこんな感じでした。

つまりFXでは、経験を積んでメンタルまで仕上がっていないと勝てない、そう思い込んでいたのですが、安心してください。

優秀なインジケーターがあれば、特にメンタルの管理も必要ありません。

押すべきか引くべきか、シグナルに従うだけなので、難しく考える必要もないのです!

Synchronicity(シンクロニシティ)は、メンタルを鍛えなくちゃ…とにかくFXを勉強しなくちゃ…と、がむしゃらになっている人にこそ知ってほしいインジケーターだと思います。

副収入になり資産構築に最適

再現性が高いということは、安定性も高いということです。

私は、FXで会社の給料以外からお金が稼げるようになり、資産の構築に拍車がかかりました。

なぜなら複利効果によって、お金がお金を生む仕組みに気づいたからです。

一度FXで稼げるようになれば、資産の構築もたやすく、人生の自由度が大きく上がっていくのがわかると思います。

とは言っても、副業とか今まで興味なかった人からすれば、想像しづらいかもしれないですね。

そこでまずは、FXで最初に1円だけ稼ぐことに挑戦してみてください。

金額は関係なく、一度でも自分の行動で稼げたという実感が伴えば、マインドも変わってくると思うのです。

即金性が高く当日から稼ぐことも可能

モチベーションをキープするために、明確な結果はとても重要になります。

というのも、FXを始めたは良いけど、しばらく経っても全然稼げないとなれば、やる気も削がれるというものです。

一方でSynchronicity(シンクロニシティ)の強みの1つに、即金性の高さがあります。

始めたその日から利益を出すことも可能で、その実用性から、多くの経営者も導入しているほど。

最初からある程度まとまった資金が入金できる方は、日給以上に稼ぐことも難しい話ではありません。

稼げるから継続できますし、その継続がやがて資産になります。

他の手法では、利益を出せずに継続できなかったけど、このやり方であれば継続できるのではないでしょうか。

Synchronicity(シンクロニシティ)HP

Synchronicity(シンクロニシティ)のデメリットについて

Synchronicity(シンクロニシティ)には、メリットだけでなくデメリットとも思えるような部分もありました。

ここで紹介する以下の点が、合わない、許容できないという方は、利用すべきでないのかもしれませんね。

未成年は利用できない

残念ながらSynchronicity(シンクロニシティ)は、未成年では利用することができません。

まぁ未成年の場合、保護者の同意書がなければ、そもそもFXの口座が開設できなかったと思いますので、こればかりは仕方のないことだと思います。

私の提案としては、デモトレードとしてバーチャルでFXを練習して、口座開設に向けて準備しておくとかどうでしょう。

確実に稼げるわけではない

FXにおいて、必勝法はありません。

そのため当然、Synchronicity(シンクロニシティ)を頼ったとしても、全ての勝負に勝てるというわけではありません。

このことを知らずに、いきなり大きな金額を運用し始めて、わけのわからないまま損を出してしまう、なんてこともよくある話です。

この失敗は初心者ほどやりがちで、そこで離脱してしまうのは、本当にもったいないと思います。

留意しておくべきは、インジケーターはあくまで勝率を上げるための目安、指標だと念頭に置いておくことです。

勝率の高いゲームに何回も挑んでいけば、そのうち利益は積み上がっていくということは明白ですよね?

そこで、目先の勝負全てに勝とうと無理をするのではなく、長期目線での運用を心がけてみてください。

深夜稼働して昼夜逆転が増える

私にとっては、これが一番きキツかったですね…

FXは世界市場に合わせて、平日24時間開場しています。

そして相場が動きやすい、つまり稼ぎやすいと思われるような経済指標が発表されるのは、

だいたい海外時間の深夜です。

相場を見続けていたら、気づいたらもう朝だった…。なんて経験も一度や二度ではありません。

この辺の事情がサラリーマンには辛いところですが、幸い今はコロナの影響もあり、リモートワークが認められる時代ですからね。

なんとか調整して、できる限りトレードに集中していますが、熱中するあまり、昼夜逆転してしまうのは大きなデメリットかと思いました。

Synchronicity(シンクロニシティ)HP

副業レベルから上級者まで!FXで負ける人の特徴!

私のFX人生は、負けに負け続けていました。

だからこそ皆さんにはSynchronicity(シンクロニシティ)を使って、ストレートに勝ってほしいですね。

またそんな私だからこそ、負け組の思考というか、典型的な負けパターン、負ける人の特徴などは詳しいと思います!

ここで紹介したものは、だいたい過去の私のことなんですが、皆さんにはぜひ反面教師にしてやってください!

練習と検証をしない

一番多い、負け組の典型例がこれになります。

とにかく稼ぐことにせっかちというか、手法を知った瞬間に勝てると思ってしまう節があります。

そうではなく、Synchronicity(シンクロニシティ)のインジケーターはあくまでツールの類です。

野球のバットのように、扱う人の練習があってこそホームランを打てるというものであり、手法を知った後も、勝ちパターンの検証や練習は必要なのです!

FXは多くの人が、副業レベルから参入するので、おそらく練習と研修に時間を割くほど、本気で取り組んでいないのでしょう。

厳しい意見になりますが、FXに捧げる時間もまた、重要なリソースであることを認識していただければと思います。

ただ、そこまで臆することもありませんよ。

上記に挙げたように、群を抜いて再現性が高いインジケーターなので、稼げるようになるまで時間はかからないと思います。

大事なのはとにかく、稼げるようになるまで諦めないこと、それまで継続して練習すること、これに尽きるのです。

怪しい詐欺商材や嘘を見抜けない

FX業界は怪しいビジネスも多いです。

何を持って怪しいかと言えば、なぜ勝てるのか、その理由や根拠に乏しいものが蔓延しています。

いくつか例を出しますと、

「誰でも絶対に稼げる必勝法」

「完全自動売買で安定した不労所得」

「ノーリスクで月利30%超え」

こんなキャッチーな紹介文が書いてあった場合、少し疑ってかかった方がいいかもしれませんね。

私も自動売買のツールで騙された経験がありますが、絶対に勝てる手法なんてありません。

中には確かに上手く機能して、最初こそ稼げるようなツールもあるのですが、それがいつまでも継続できるほど甘くもないのです。

一方で、Synchronicity(シンクロニシティ)のインジケーターのように、扱い方を練習して勝率を上げる手法は存在します。というか、それがFXで勝つための王道です!

ですので、皆さんも怪しい商材に出会った時は、甘いキーワードに騙されないでください。

必勝法、不労所得、ノーリスク、これらの言葉は投資において非現実的なのです。

より多くの利益を求めて危険なトレードを繰り返す

FXでは、レバレッジと呼ばれる仕組みを使って、自分の資金の25倍までの金額を運用することができます。

つまり、100万円を入金していれば、2500万円まで運用できるということですね。

この仕組みがあるからこそ、FXでは少額資金でも、大きな利益を稼ぐことが可能となっているのです。

ただ、リスクとリターンは常に表裏一体の関係にあることは、みなさんもご存知でしょう。

より多くのお金を稼ぐために、常にギリギリいっぱいのトレードをしているようでは、必ず身を滅ぼします。

25倍までの資金を運用できるということは、25倍のキャパを超えてしまえばアウトということです。

そうなれば強制ロスカットと呼ばれる、自分の保有しているポジションが全て自動で決済されてしまい、損失が確定されてしまいます。

待っていれば、いずれ含み損が回復する見込みがあったとしても、決済されてしまえば、もう取り返しがつきません。

自分のお金を不用意に失わないためにも、レバレッジ上限ギリギリになる、危険なトレードは避けるように心がけてください。

Synchronicity(シンクロニシティ)HP

Synchronicity(シンクロニシティ)の口コミ・評判について紹介!

Synchronicity(シンクロニシティ)について検索してみると、このサイト以外にも様々な口コミやレビューを見ることができます。

それらの中から、参考になりそうな意見をまとめてみました。

サポートのおかげで初心者でも安心できる!(40代・ 会社員)

私も初心者だったので、FXについて何も知らない状態からスタートしましたが、今では安定的に利益を出せています!

FX未経験の人は不安もあると思いますが、そんなときはサポートを頼ってみてください!

初期設定などの面倒ごとは、サポートが丁寧に教えてくださるので、特に苦労することもなく始めることが出来ました!

このインジケーターのおかげで、FXの基本を学ぶことが出来たので、初心者のうちから巡り合えたことに感謝です!

大々的に知られたくないかも…(笑)(30代・公務員)

ファンダメンタルこそが相場を形成すると思っていたので、今までテクニカルの方には手を出していませんでしたが、凄いですね、このインジケーターw

エントリーのポイントが分かりやすいですし、何より勝率も高いです!

こんなに勝ちやすいなら、もっと普及してても良いだろうとも思いましたが、おそらく最近になって研究された手法になるんですかね?

あんまり多くの人に知られると優位性がなくなるので、僕個人の意見ですが、大々的に知られたくないないなぁと思いました(笑)

新しくて楽しい資産運用を求める人にオススメ(50代・自営業)

資産運用といえば、インデックス積立投資や、確定拠出年金など、数十年単位を見据えた運用が主流だと思っていました。

確かに、それだけ長期間を見据えて、なおかつ資産を上手に分散できていれば、より手堅い運用になるでしょう。

しかし、それでは退屈と言わざる得ません。

毎月コツコツと積み立てるにしても、些か刺激や、楽しみが欲しいとは思いませんか?

そんな方にこそ、FXを利用した資産運用がおすすめですね!

インジケーターを駆使した、1回の利益決済は、自分の努力の結果であり、それはそれは楽しいものになるはずです!

しっかり資金管理できていれば危険なものになりませんし、むしろ安全だと思えるくらいでしょう。

Synchronicity(シンクロニシティ)HP

悪評・悪い口コミについて

満足する旨のレビューが多い一方で、いくつか悪く書かれている内容もありました。

こちらの意見に関しても、全面同意はできないものの、一部納得できる部分があったので紹介しておきます。

素人には難しい局面もあった(20代・学生)

日頃は、シンクロニシティによって満足いくトレードが出来ています。

しかし、大きな相場変動、例えば去年のアメリカ大統領選挙などは、少し機能が弱いと感じつ場面もありました。

自分の実力が備わっていないだけなのかもしれませんが、今後も定期的にアップデートを重ねて、より強力なインジゲーターに仕上げてもらいたいですね。

いつでも必ず勝てるわけじゃない(30代・エンジニア)

FXで勝てるようになるインジケーターがあると、友人の紹介で利用してみました。

しかし、実践したはいいものの、これは必勝法ではありません。

まぁ体感だと7割勝てるイメージでしょうか。

ただ自分としては、FX相場を打ち出の小槌にできるほど、強力な必勝ツールだと期待していたので、少しがっかり感はありますね。

Synchronicity(シンクロニシティ)HP

Synchronicity(シンクロニシティ)の料金と支払い方法について

Synchronicity(シンクロニシティ)のインンジケーターが優れているのは大体わかった、でも一体いくらぐらいで利用できるの?

やっぱり料金については、皆さんも気になるところだと思います。

その点について、もったいぶらずにここで紹介しておきましょう。

Synchronicity(シンクロニシティ)の利用料金は、税込価格で6万9000円でした。

ただ、これは通常価格であり、キャンペーン価格もあるようです。

私も他の利用者に聞いて知りましたが、キャンペーン時は割引もあり、お得に利用できるチャンスなので、待ってみるのもいいかもしれないですね。

キャンペーンの告知は、公式サイトや公式ラインアカウントより確認できるそうなので、こちらをこまめにチェックしてみるといいでしょう!

料金の支払い方法に関する方法についても、やはり公式サイトにまとめられてあるので、何れにしても、一度はチェックしてみることをおすすめします。

Synchronicity(シンクロニシティ)HP

もう投資で失敗しないために!インジケーターを利用して安定的に稼いでほしい!

さて、Synchronicity(シンクロニシティ)の魅力について、お分りいただけましたでしょうか?

とにかく緻密なデータから算出されるインジケーターは嘘をつきません。

今まで値ごろ感や、乏しい根拠でエントリーしていたのであれば、あなたの実力を大きく飛躍する可能性を秘めていると思います。

私も今まで負け組トレーダーだったので、そんな過去の自分を同じ境遇に人に使ってほしい、そんな思いからこのようなサイトを立ち上げました。

Synchronicity(シンクロニシティ)を知って変われた私のように、ここが皆さんのターニングポイントなのかもしれませんね。

また、冒頭で話したように、これからは投資・資産運用は必須の時代になります。

老後になってからは遅く、スキルのないまま始めてしまい、いきなり退職金を溶かしてしまったという例も少なくありません。

そうならないために、将来のためのスキルだと考えて、今のうちから実戦経験を培ってみるのもいいのではないでしょうか。

Synchronicity(シンクロニシティ)HP